だてBLOGオフィシャルブログ

2009年01月22日

インバウンドセミナーが終わり


先日の月曜日ですが、弊社主催、仙台市観光コンベンション協会後援
「東北における訪日外国人の実情と今後の展望」
~考えていくべき外国人旅行客へのマーケティング活動~ 

なるインバウンドセミナーを、AERにて無事開催させていただきました。



当日はお忙しいところ予想を上回る70名以上の皆様にお集まりいただき、
皆様の真剣度がヒシヒシと伝わる3時間でした。


改めましてご参加いただいた皆様、お忙しい中遠くは青森や福島からもお越しいただき
誠にありがとうございました。



なぜ私がこのセミナーを開催しようと思ったか。



昨年末新聞で、仙台市の人口が2010年の103万3000人をピークに減少し、
30年には100万人を割り込むのは確実だろうという記事を読みました。
でもそれは仙台や宮城だけの問題ではなく、2007年には47都道府県中、
37道府県で人口が減ったという統計が出ています。特に「生産年齢人口」
という、15歳から64歳の人口が急速に減少しているのが問題で、1995~
2005年までの10年間で300万人以上の減少、2007年はなんと72万人(!)
も減少しているそうです。


人口が減ると起きる現象というのが一つは人手不足、そしてもう一つは顧客の
減少です。どちらが深刻化というと明らかに顧客の減少で、人手不足は高齢者や
専業主婦を活用するとか、生産性をあげるとか工夫の余地はありますが、顧客の
減少は売上高の減少、収益の悪化に直結します。その影響をどこが強く受けて
いるかというと、まさに人口が減少している地方都市なのだそうです。


今回お集まりいただきました皆様は、主に観光業を主としてお仕事をされている
方々でしたが、人口減少社会の中で、観光の持つ意味合い非常に大きくなって
きているのは間違いありません。


そして、パイの奪い合いとなっている国内需要から、海外の観光客の呼び込みを
いかにしていくかが今後の鍵となってくるわけです。


現状はどうなっているのか。
それでは今我々は何をすべきなのか。


今回はそのへんについて、東北観光推進機構様、JTB東北様、磐梯熱海温泉、
四季彩一力様、そして東京地図出版様と、その道のプロの皆様に様々な切り口から
お話をいただくという形でご協力をいただいたわけです。







皆様部長や代表取締役といったそうそうたる面々・・・ 
改めて講師の皆様のご協力には感謝感激です。


我々がすべきことはまだまだたくさんあり、次のステップではどういうことを
考えて進めていくか、かなり気持ちと気合をこめて取り組んでおります。


今回のセミナーが、参加いただいた皆様の外国人旅行客への取り組みの
ちょっとしたヒントやきっかけになれば幸いです。


YOKOSO!JAPAN TOHOKU!
東北は可能性がたくさんあります!






【だてBLOGの最新記事】

【だておとこの最新記事】

同じカテゴリー(インバウンド)の記事画像
地域活性
地域活性
「My country Tohoku」
花巻温泉さん
インバウンドセミナー
こんなの作っちゃいました(2)
同じカテゴリー(インバウンド)の記事
 地域活性 (2009-09-08 22:29)
 地域活性 (2009-09-08 22:27)
 「My country Tohoku」 (2009-07-27 22:09)
 花巻温泉さん (2009-02-24 22:10)
 2008年訪日外客数 それでも増えている (2009-01-28 15:15)
 インバウンドセミナー (2009-01-19 13:57)

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 01:28│Comments(0)インバウンド
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
インバウンドセミナーが終わり
    コメント(0)