だてBLOGオフィシャルブログ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年04月04日

嶋も良かったけど、

先日行われた楽天対日本ハムのチャリティマッチにて、
選手会長の嶋選手がスピーチをしていました。





※以下、全文

「あの大災害は本当だったのか?──今でも信じられません。僕達の本拠地でもあり住んでいる仙台と東北が、今回の地震、津波で大きな被害を受けました。地震が来た時、僕達は兵庫県で試合をしていました。家がある仙台にはまだ1回も帰れず、兵庫、横浜、名古屋、神戸、博多、そしてこの札幌など全国各地を転々としています。
先日、神戸で募金活動をした時には、前は私達が助けられたから今回は私達が助ける、と声をかけて下さいました。今、日本中が東北、そして震災を受けた方々を応援し、全力で支え合おうとしています。震災を受けてから眠れない日々が続きましたが、選手達みんなで自分達には何ができるのか、自分達は何をしたらいいかを話し合い、考え抜いてきました。
今、スポーツの域を超えて、野球の真価が問われていると思います。見せましょう、野球の底力を。見せましょう、野球選手の底力を。見せましょう、野球ファンの底力を。共にがんばろう東北、支え合おうニッポン。僕達も野球の底力を信じて、精一杯プレーします。被災地への支援よろしくお願いします」



とても素晴らしいスピーチでした。
さすが選手会長。伝わるものがありました。


でも最近、同じ野球の場で、もっと心にしみて、グッときたのは
こちらのスピーチです。




※以下、全文
「宣誓。私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。­今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみで­いっぱいです。被災地ではすべての方々が一丸となり、仲間と共に張っておられます。人は、仲間に支えられることで大きな困難­を乗り越えることができると信じています。私たちに今出来ること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。がんば­ろう!日本。生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプ­レーすることを誓います」



昨日閉会した春の選抜高校野球の開幕式、岡山県代表
創志学園 の2年生キャプテン、野山主将による選手宣誓。


ニュースで見たのですが、とても16歳とは思えません。
聞いた話では、監督や部長、先生など色々な方からアドバイスを
もらったらしいですが、完全に自分の言葉として言い放っています。
怖いくらいに落ち着き払い、感情を抑えているのに気持ちが
こもった素晴らしい選手宣誓で、聞いていて涙が出てきました。


うちの社長も絶賛していたこの選手宣誓。
今まで沢山の選手宣誓を聞いていきましたが、歴代№1で
20も年下の小僧に対して、これだけしびれたのも初めてです。


仲間に支えられる事で大きな困難を乗り越えられる事が出来る!
生かされている命に感謝!











  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 23:26Comments(2)■震災に負けるか