だてBLOGオフィシャルブログ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年06月03日

『Nowhere Boy』、見たい

若き日のジョン・レノンを描いた伝記映画『Nowhere Boy』





ジョンの異父妹ジュリア・ベアードの著書が原作で、デビュー前のジョンが母ジュリアやミミ叔母さんとぶつかりながら、音楽と出会い、ポール・マッカートニーと出会い、自らを見つけていくという物語。


デビュー前のビートルズを描いた映画では、『BACK BEAT(バックビート)』が有名ですが、これはビートルズの初期メンバー、スチュアート・サトクリフの生涯を描いた作品で、主にスチュ(ファンは皆こう呼ぶ)と、ドイツ人の女性写真家でこの作品原作者でもあるスチュの恋人アストリッド・キルヒヘアをクローズアップしたもの。この映画自体は個人的にものすごく好きな作品ですが(原作も更に良い)、決してジョン・レノンがメインではありません。ちなみにポール役のゲイリー・ベイクウェルがまた本人そっくりで・・・


・・・と、話せばいくらでも長くなりそうなのでバックビートについてのあれこれはまた別な機会にするとして、いずれにしてもこの『Nowhere Boy』は、デビュー前のジョン・レノンを描いた数少ないノンフィクション作品となるわけです。この時期のエピソードなど、ファンならば関連書籍やインタビュー、各オフィシャルのアンソロジーなどで既に知りつくしている内容ではありますが(私もほとんど持っていると思う)、映画となるとまた違うわけで、やはり気になります。


見たい。


イギリスでは去年12月に公開され全米公開は今年8月8日の予定らしいのですが、何と日本公開は現在のところ未定とのこと。いずれ公開されるとは思いますが、早く決定されることを切に願います。イギリスでの評判はどうなんでしょう。あまりよくないのかしら?


ちなみに伝記ではありませんが、ミュージカル映画『アクロス・ザ・ユニバース』(Across The Universe)というのもあります。これは3回見るとはまります。これ、劇中のビートルズナンバーは全て出演者本人達が歌っているんですよ!みんなすごくいい声で、ツインボーカルの「Oh! Darling」なんか最高。ストーリーもそれぞれの曲とリンクしていく内容で・・・


・・・


長くなるのでまた今度。



公開、切に願います。  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 02:55Comments(1)趣味のこと