だてBLOGオフィシャルブログ

2008年10月25日

「感謝」と「挨拶」


私が、仕事をするうえでも生きていくうえでも
絶対に失ってはいけないと思うことは
「感謝の気持ち」と「挨拶」。


「感謝の気持ちが持てなかったり挨拶が出来ない人は人として失格!」
くらいのことを思っていますし、実際社内でも言っています。


どんなに立派な事をやってても、どんなに大金持ちでも、
どんなに博識な人でも、「ありがとう」の一言が言えない人は
信頼出来ませんし、私の中での人間ランキングは一気にダウンします。
「ありがとう」という感謝の気持ちを表せられなくなる程自分を見失ってまで、
それらが欲しいとは私は思いません。


大事なのは、後世に名の残るような大きな実績をあげたり
偉くなって人がうらやむような立場になるよりも、
生きている間にとれだけ「ありがとう」と言ったか、
そして「ありがとう」と言われたかではないのかなと思います。


最近、残念なことに挨拶を出来ない人が多いですね。
礼節・礼儀は日本人が持っている素晴らしい文化だと思うのですが。
不景気だったり、今後の見通しが立たない不安による閉塞感は
確かに世の中ありますが、その閉塞感を打ち破るキーワードこそ
感謝や挨拶だと思うのですが。


自分が死んでしまった時に、たくさんの人が葬式に来てくれて
「ありがとう」って言ってもらえたら、とても幸せなこと。


そういう風に私はなりたい~。


  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 20:11Comments(3)思うところ