だてBLOGオフィシャルブログ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年09月08日

地域活性


本日の河北新報朝刊に我々の取組みが掲載されました。







正確にいうと、観光コンベンション協会で委託されて作ったものですが
外国人旅行客を呼ぶための事業にはめっちゃ力を入れています。


こちらは、スタッフA君とだてBLOGでもお馴染みメゴヒメの作品。
グッジョブ!


しかし、私も負けてられるかと、あるものを気合を入れて作っており
10月には完成予定ですが、なかなかいいものが出来るのではと
手ごたえを感じています。


他にも色々画策しています。
もうやりたいことだらけで誰か手を貸してという感じです。


これら全てのキーワードは「地域活性」。
もちろん収益も大事(ある意味一番)ですが、
仙台の広告代理業ならではの独自性というものを
打ち出して、携わる全ての方々がハッピーになれたら
素晴らしいと思います。


今のところなかなか厳しい状況ですが、
必ずや成功してみせるのだと熱く誓うだておとこなのでした。。。。


  
タグ :地域密着


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:29Comments(2)インバウンド

2009年09月08日

地域活性


本日の河北新報朝刊に我々の取組みが掲載されました。







正確にいうと、観光コンベンション協会で委託されて作ったものですが
外国人旅行客を呼ぶための事業にはめっちゃ力を入れています。


こちらは、スタッフA君とだてBLOGでもお馴染みメゴヒメの作品。
グッジョブ!


しかし、私も負けてられるかと、あるものを気合を入れて作っており
10月には完成予定ですが、なかなかいいものが出来るのではと
手ごたえを感じています。


他にも色々画策しています。
もうやりたいことだらけで誰か手を貸してという感じです。


これら全てのキーワードは「地域活性」。
もちろん収益も大事(ある意味一番)ですが、
仙台の広告代理業ならではの独自性というものを
打ち出して、携わる全ての方々がハッピーになれたら
素晴らしいと思います。


今のところなかなか厳しい状況ですが、
必ずや成功してみせるのだと熱く誓うだておとこなのでした。。。。


  
タグ :地域密着


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:27Comments(0)インバウンド

2009年07月27日

「My country Tohoku」

外国人観光客向けの英字版東北ガイドブック作成
のコンペが先日行なわれ、そのプレゼンが無事通り
我々で作成することになりました。


ガチで取り組んだので正直ホッとしていますが、
本日打合せに行ったところ、それ以上に依頼主である
行政の方の要望や期待が並々ならぬほどガチで高く、
これはより気合を入れないといけないなと思いました。



ということで早速関係各者とミーティング。


プレゼンで掲げたテーマは「My country Tohoku  故郷 東北」


「異国の地に来ているのにどこかどこか故郷を思わせる懐かしさ」
や、「出会いたい風景」を本誌全体に漂わせる構成にし、帰国後も
いずれ「故郷の東北」へ帰ってくる(次回へのリピートへつなげる)
というイメージとコンセプトで本誌を作成しようと思っております。


紹介する内容はこれから決めますが、翻訳も済ませて9月末には
成田空港や仙台空港、東北各地の観光案内所に設置される予定です。


9月・・・9月・・・


問題はスケジュール。


これを間に合わせるには・・・・


各関係者の皆さん、今から謝っておきます。





  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:09Comments(0)インバウンド

2009年02月24日

花巻温泉さん

本日事務所に岩手県花巻温泉の担当さんが遊びにいらっしゃいました。



どうですかこの笑顔!


左が有名看板営業マンの佐藤さん、


右が外販部美人海外担当の猿舘さんです。


花巻温泉さんといえば、国内はもちろん、


外国人旅行客誘致に積極的に取りくんでいることで有名で、


先日開催したセミナー
にもご参加いただきました。


それにしてもまぶしいばかりの二人の笑顔。


そして鮮やか過ぎるそのハッピ!


聞けばこれを着たまま事務所へいらっしゃったとのこと。


素敵です。


そういうのって大事だよなあ。



  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:10Comments(0)インバウンド

2009年01月28日

2008年訪日外客数 それでも増えている


昨日、JNTO(日本政府観光局)から最新の
訪日外国人客数・出国日本人数の推計値が発表されました。


■訪日外国人客数
2008年は前年比0.1%増の835万2千人 

■出国日本人数
2008年は前年比7.6%減の1,598万7千人 



VJC(ビジットジャパンキャンペーン)の宣伝効果、
訪日旅行取扱旅行会社の増加(東南アジア等)、
航空便の大幅拡充(香港等)などが訪日客の増加に
貢献しているそうです。


世界金融危機による景気後退、急激な円高が
大幅な訪日客増というのは阻害してはおりますが、
微増ながらも訪日の外国人旅行客数は過去最高を
を記録しているというのはすごい。


世界的にこれだけ景気が悪化しているのにもかかわらず
かろうじてとはいえ前年比をプラスで推移しているインバウンド
市場の可能性と重要性を感じさせる結果となりました。


気になるのは日本からの出国数が1998年以来の低水準
ということ。景気に敏感な国民性による消費マインドの冷え込み
が顕著です・・・。他にも燃油サーチャージの値上げも影響して
いるとか。


出国数の増加は国内好景気のバロメーター。
こちらも増加していくようでないと厳しいですね。


詳しい資料はこちら↓
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/090127monthly.pdf  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 15:15Comments(0)インバウンド

2009年01月22日

インバウンドセミナーが終わり


先日の月曜日ですが、弊社主催、仙台市観光コンベンション協会後援
「東北における訪日外国人の実情と今後の展望」
~考えていくべき外国人旅行客へのマーケティング活動~ 

なるインバウンドセミナーを、AERにて無事開催させていただきました。



当日はお忙しいところ予想を上回る70名以上の皆様にお集まりいただき、
皆様の真剣度がヒシヒシと伝わる3時間でした。


改めましてご参加いただいた皆様、お忙しい中遠くは青森や福島からもお越しいただき
誠にありがとうございました。



なぜ私がこのセミナーを開催しようと思ったか。



昨年末新聞で、仙台市の人口が2010年の103万3000人をピークに減少し、
30年には100万人を割り込むのは確実だろうという記事を読みました。
でもそれは仙台や宮城だけの問題ではなく、2007年には47都道府県中、
37道府県で人口が減ったという統計が出ています。特に「生産年齢人口」
という、15歳から64歳の人口が急速に減少しているのが問題で、1995~
2005年までの10年間で300万人以上の減少、2007年はなんと72万人(!)
も減少しているそうです。


人口が減ると起きる現象というのが一つは人手不足、そしてもう一つは顧客の
減少です。どちらが深刻化というと明らかに顧客の減少で、人手不足は高齢者や
専業主婦を活用するとか、生産性をあげるとか工夫の余地はありますが、顧客の
減少は売上高の減少、収益の悪化に直結します。その影響をどこが強く受けて
いるかというと、まさに人口が減少している地方都市なのだそうです。


今回お集まりいただきました皆様は、主に観光業を主としてお仕事をされている
方々でしたが、人口減少社会の中で、観光の持つ意味合い非常に大きくなって
きているのは間違いありません。


そして、パイの奪い合いとなっている国内需要から、海外の観光客の呼び込みを
いかにしていくかが今後の鍵となってくるわけです。


現状はどうなっているのか。
それでは今我々は何をすべきなのか。


今回はそのへんについて、東北観光推進機構様、JTB東北様、磐梯熱海温泉、
四季彩一力様、そして東京地図出版様と、その道のプロの皆様に様々な切り口から
お話をいただくという形でご協力をいただいたわけです。







皆様部長や代表取締役といったそうそうたる面々・・・ 
改めて講師の皆様のご協力には感謝感激です。


我々がすべきことはまだまだたくさんあり、次のステップではどういうことを
考えて進めていくか、かなり気持ちと気合をこめて取り組んでおります。


今回のセミナーが、参加いただいた皆様の外国人旅行客への取り組みの
ちょっとしたヒントやきっかけになれば幸いです。


YOKOSO!JAPAN TOHOKU!
東北は可能性がたくさんあります!



  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 01:28Comments(0)インバウンド

2009年01月19日

インバウンドセミナー



いよいよ始まりました。


定員を上回る数の皆様におこし頂きました。


皆様真剣です。
  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 13:57Comments(2)インバウンド

2008年06月04日

こんなの作っちゃいました(2)

前回の問題の答えです。


第一問)⇒ フランス/年間7910万人 ・・・・・日本は30位/年間760万人 
第二問)⇒ 中国   ・・・・・日本は7位
第三問)⇒ 台湾  
第四問)⇒ 激減・・・


フランスには外国人観光客が7910万人も来ているのに対し、
日本はその1/10以下の760万人しか来ていないのです。


アジアに限っても、1位の台湾、2位香港、3位マレーシア 4位タイ 5位マカオ 
6位 シンガポール……7位でやっと日本といった感じです。これは意外ですよね。


また厚生労働省発表による「将来推計人口」によると、現在約1億2800万人という
日本の人口は、50年後の2055年には3割減って9000万人を切り、100年後の
2105年には最良のケースで約6300万人まで、最悪のケースでは約3400万人
まで激減
するという推計値も出ているそうです。


私が130歳の時の日本の総人口が約3400万人・・・まさしく少子化問題の行く末です。


人口が年々減ってしまうということは、分母小さくなる訳ですから、国内各観光地は
日本人の客足が遠のくばかり。


そこで注目すべきが外国人観光客誘致。


日本は「ビジット・ジャパン・キャンペーン」という組織を立ち上げ、
「2010年まで目指せ訪日外国人観光客1000万人!」
ということで官民一体となって数年前より取り組んでいます。


その甲斐もあってか徐~々にではありますが訪日外国人も増えてきており、
宮城県にも、台湾人約37.800人、香港からも韓国についで3位の約13.400人
の外国人観光客がきています。
※2006年調べ


ですが残念ながらその受け入れ体制はまだまだ整っておらず、
せっかく来てくれても、特に個人の観光客などは結構不便な思いを
されているようです。


まわりくどくなりましたが我々はそこに着目し、
「仙台 東北 好料爆報」というガイドブックを作りました。





こちらの特徴ですが

(1)台湾・香港の観光客へ向け、全て「繁体字」という現地語で、
   仙台・東北の観光スポットを紹介

(2)仙台市内20箇所のホテルと観光案内所へ無料設置

(3)国内のみならず台湾・香港へも本誌を設置!!

(4)台湾・香港の現地大手旅行代理店にも設置されるので、
   向こうのエージェントへの情報提供にもなる!




仙台の街中もこんな感じでご紹介。



お店はわかりやすいように地図で示して掲載しています。



ここに至るまで大変でしたが、スタッフやたくさんの方々の協力を得、
現在、台湾と香港へ約2万部ほど輸送中です※船よ沈むな飛行機よ落ちるな。


「このガイドを向こうで見て、宮城や東北に来たのよ~」
という台湾・香港の方がいらっしゃったら最高です。


「このガイドのお陰で宮城や東北の観光がより楽しくなったよー」
という訪日台湾。香港観光客の方がいらっしゃったら幸せです。


もし街中で本誌を見かけることがありましたら、是非「だてBLOG」スタッフの
ことを思い出してください。。。














  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 13:21Comments(3)インバウンド

2008年06月03日

こんなの作っちゃいました(1)

突然ですが問題です。


第一問) 外国人観光客の訪問が一番多いのはどこの国?
第二問) 外国人観光客の訪問が一番多いアジアの国はどこ?
第三問) 宮城に来る外国人観光客で一番多いのはどこの国?
第四問) 日本の総人口は今後増えていく?減っていく?

 
                            (答えは次回更新記事にて↓



最近街中で外国人、特にアジアの方々を見かけませんか?
アジア旅行事情は団体のみならず個人での旅行者も増えてきており、
仙台や東北も、その豊かな観光資源は訪日旅行者の関心の的となっています。


その訪日アジア観光客が何気に困っているのが、翻訳されていない現地観光。
そして宿泊先のホテルフロントの方々が困っているのがそれらの方々への現地
観光案内パンフ。


ではそのどちらもを解決しよう!ということで、「だてBLOGスタッフ」総動員で
このようなガイドブックを作りました。



名づけて「仙台 東北 好料爆報」(せんだい とうほく こうりょうばくほう)
 

やっと出来た・・・(涙)という感慨にふけっております。
でも「好料爆報」?「ばくほう」って何?
詳しくは前述の答えと共に次回更新記事にて。。。




  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 17:11Comments(4)インバウンド