だてBLOGオフィシャルブログ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年02月26日

鈴木常吉「ぜいご」


届いた。




早速聴いてみる。


・・・いい。


やはり大正解。しびれるなあ。




「思ひ出」の直筆サイン入り楽譜(Tab譜付)も同封してた。


ネットなどで、「この曲の楽譜が欲しい!」
という声が結構あったのでちょいと優越感。


ということでただちに完コピするわけでR。


  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 00:37Comments(0)趣味のこと

2012年02月20日

25年目

中学校へ上がる直前の1988年2月から「週刊ベースボール」の選手名鑑を購入し続けています。


待ちに待った2012年版も先日発行し、無事購入。





この選手名鑑、自分の場合は購入後にいったん寝かせて、
プロ野球のキャンプ終盤やオープン戦などが始まったあたりに、
ニュースや新聞と照らし合わせながら、分析をしながら見るのが
至福の楽しみ。


ということで一昨年から野球にハマりまくっている長男は、
この25冊目になる選手名鑑を、父親よりも先にむさぼり読んでいます。


「週ベ」の編集スタッフは毎年、
この号の発行のために、ものすごく大変な苦労をされているようですが、
1度でいいので、この編集作業に携わってみたいものです。





ちなみに裏表紙はヤクルトの由規。



  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 00:28Comments(0)趣味のこと

2010年10月21日

凄いぞ「Abbey Road Live Here Now」 

 
今しがたこんな記事を見つけました。


これぞ、究極の記念グッズだ。椎名林檎(31)率いる東京事変、吉井和哉(44)らが生で歌ったライブ音源が、数分後にCDとしてファンの耳元に届く。
 日本で初めてとなる画期的なシステムは、その名も「Abbey Road Live Here Now」。同社の親会社であるEMIグループの看板バンド、ザ・ビートルズがレコーディングを行っていたロンドンの「Abbey Road Studios」のスタッフが、最新技術を駆使して作り上げた。
 ライブ当日は会場に現地からアドバイザーを招へいし、音楽データ書き込み用の機械、CD-Rを何十台も持ち込む。制作スタッフは公演の進行と同時に作業にあたり、出演する11組がそれぞれ披露した楽曲から演奏順に各1曲ずつを選び、1回に100枚単位でCDに焼き付ける。
 完成アルバムは「EMI ROCKS 20101106 Saitama Super Arena」と命名され、3000円で会場限定発売に。どの曲が収録されたかはライブ終演時に明らかになり、購入者はライブ翌日の11月7日以降に公式サイトにアップされる収録曲リストをプリントアウトし、CDのジャケットに自らセットするという趣向だ。
 親会社では2004年から英国、北米、南米、欧州全土などで展開してきたシステム。関係者は「日本で初めての試みなので、時間も労力もどれだけ掛かるのか分かりませんが、邦楽スタッフが一丸となって、総動員で成功させるように頑張ります」と意気込む。
 同社は前身の東芝音楽工業として設立されて今年で50年。社を挙げてのビッグプランを成功させたいところだ。




会場でライブを楽しんで、帰りにはそのライブ音源CDが購入できるなんて!
しかもそれが、ビートルズの愛用した「アビイ・ロード・スタジオ」のスタッフが
作った技術なんて!


アビイ・ロードスタッフまだ現役だったのか!しかもこんなシステムを開発して
いたなんて!何となく彼らと繋がっている感じがして嬉しい気がするのは私だけ
でしょうか。


ビートルズのアルバム「アビイ・ロード」に関しては、こんな逸話もあったりする
のです。⇒「ポールマッカートニー死亡説の裏側」







ちなみにこちらは6年ほど前にスタッフを使って撮影した
「アビイ・ロード in作並(撮影/だておとこ)」




  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:55Comments(4)趣味のこと

2010年09月25日

200本安打に思う



千葉ロッテマリーンズの西岡選手が200本安打を達成しました。


セ・リーグと比べ、投手力が段違いで高い並み居るパ・リーグの中での
達成はすごいことだと思います。現に、セではヤクルトの青木やラミレス、
今シーズンは阪神のマートンが達成しているなど比較的頻度が高いですが、
パでは94年のイチロー以来というのがそれを物語っています。


しかも彼は両打ちのスイッチヒッターだからすごい。
私の中でスイッチといえば元広島で元ロッテ2軍監督の高橋慶彦と元巨人の
「青い稲妻」こと松本匡史。最近でいうと元西武の松井稼頭央ですが、
西岡はこの3人を凌ぐ逸材だと思います。


今まではおごりというか鼻っ柱がつよく、謙虚さあまりない部分が見受けられる
という見られかたもありましたが、精神的にも大人になったのも要因なのでは
ないでしょうか。うまく「ボビー離れ」をしたのかな。これは今江にも言えるかも
しれませんが。


12球団で一番若いキャプテンというのもまたいイケているわけで、
向かうところ敵無しといった感じでこのままグイグイと力を発揮して
いくのか、それとも今年だけの瞬間風速なのか、来年に注目です。


※イチローの10年連続200安打は別格。これはもう言わずもがな。異次元。殿堂入り。

  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 19:21Comments(2)趣味のこと

2010年06月04日

音楽って素晴らしい


今日も色々あり、若干頭が筋肉痛。


こんな時は今話題のiPad…ではなくiPodを使うとする。


荒井由美「やさしさに包まれたなら」。


…とか書いていたら曲が終わって
長渕剛の「とんぼ」が流れてきた。


よーし明日も頑張ろ。


  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 21:52Comments(0)趣味のこと

2010年06月03日

『Nowhere Boy』、見たい

若き日のジョン・レノンを描いた伝記映画『Nowhere Boy』





ジョンの異父妹ジュリア・ベアードの著書が原作で、デビュー前のジョンが母ジュリアやミミ叔母さんとぶつかりながら、音楽と出会い、ポール・マッカートニーと出会い、自らを見つけていくという物語。


デビュー前のビートルズを描いた映画では、『BACK BEAT(バックビート)』が有名ですが、これはビートルズの初期メンバー、スチュアート・サトクリフの生涯を描いた作品で、主にスチュ(ファンは皆こう呼ぶ)と、ドイツ人の女性写真家でこの作品原作者でもあるスチュの恋人アストリッド・キルヒヘアをクローズアップしたもの。この映画自体は個人的にものすごく好きな作品ですが(原作も更に良い)、決してジョン・レノンがメインではありません。ちなみにポール役のゲイリー・ベイクウェルがまた本人そっくりで・・・


・・・と、話せばいくらでも長くなりそうなのでバックビートについてのあれこれはまた別な機会にするとして、いずれにしてもこの『Nowhere Boy』は、デビュー前のジョン・レノンを描いた数少ないノンフィクション作品となるわけです。この時期のエピソードなど、ファンならば関連書籍やインタビュー、各オフィシャルのアンソロジーなどで既に知りつくしている内容ではありますが(私もほとんど持っていると思う)、映画となるとまた違うわけで、やはり気になります。


見たい。


イギリスでは去年12月に公開され全米公開は今年8月8日の予定らしいのですが、何と日本公開は現在のところ未定とのこと。いずれ公開されるとは思いますが、早く決定されることを切に願います。イギリスでの評判はどうなんでしょう。あまりよくないのかしら?


ちなみに伝記ではありませんが、ミュージカル映画『アクロス・ザ・ユニバース』(Across The Universe)というのもあります。これは3回見るとはまります。これ、劇中のビートルズナンバーは全て出演者本人達が歌っているんですよ!みんなすごくいい声で、ツインボーカルの「Oh! Darling」なんか最高。ストーリーもそれぞれの曲とリンクしていく内容で・・・


・・・


長くなるのでまた今度。



公開、切に願います。  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 02:55Comments(1)趣味のこと

2010年02月13日

プロ野球全選手写真名鑑



待ちに待ったこの季節。


プロ野球のキャンプも始まり何かと話題のこの時期、
20年来の愛読誌「週刊ベースボール」から
毎年恒例の選手写真が発行されました(上画像)


これは各球団の「顔」となる選手が
表紙を飾るのですが、
西武が注目のルーキー雄星というのはわかるとして、
ヤクルトが青木ではなく由規、
そして横浜は村田や内川ではなくロッテから移籍した清水
というのがそれぞれ意外なセレクトでした。


そして下の画像は22年前、私が12歳の時に初めて買った1988年度版
(今でも大切に保存しています)。


こちらはKKコンビに当時ルーキーだった長島一茂、
今なお現役の工藤や、藤本修二なんて渋い選手もいます。
(元南海のエースで今は確か阪神のバッティングピッチャー)


この時の表紙は各球団一人ではなく、
西武などは石毛、工藤、清原と三名もおり、
現在は監督を務めている原、真弓、落合らもいらっしゃいます。


た‥楽しい…




  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 01:00Comments(2)趣味のこと

2010年02月07日

ハマーH2 買っちゃいました



湾岸戦争で初めてこの車を見てから20年、


ついに購入しました。


しかもキャッシュで!






……トミカのミニカー版を。


あと2ヶ月で35歳になりますが何か?








  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 21:37Comments(4)趣味のこと

2009年12月19日

独楽(コマ)を購入した


山形蔵王出張の際、お土産屋さんで買ってきました(自分に)。





最高に楽しい。


独楽を回せない男子って多いのではないかな?
(かく言う私も以前まで回せませんでしたが)


我が家は今時DSもWiiも無いという奇特な家庭ですが
こういうのが好きだからいいのです~






  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 00:55Comments(0)趣味のこと

2009年07月31日

僕の好きな超人


「僕の好きな先生」ならぬ僕の好きな超人。


キン肉マン、少年時代最高にはまっていました。


絵もまねしてめちゃくちゃ書いており、
自分で超人を考えて応募したこともあります。


ゆでたまご先生が腰痛で入院したときは
産まれてはじめて激励のファンレターなるものを
書きました(その次は巨人の桑田)。



僕の好きな超人はバッファローマン。
他にウォーズマンとジェロニモも好きです。


この3超人に共通するのは、皆つらい過去や
暗い生い立ちがあるというところ。


このバッファローマンなど、強くなるために
悪魔に心を売ったのにも関わらず、正義超人に
なりましたからね。それで得たパワーはそのままで。


無茶苦茶なストーリー展開が好きだったなー。


  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 02:20Comments(2)趣味のこと

2009年06月08日

アクロス・ザ・ユニバース




♪Words are flowing out like endless rain into a paper cup,
They slither while they pass, they slip away across the universe ~♪


Nothing's gonna change my world,
Nothing's gonna change my world.~♪


(´~`


  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:35Comments(0)趣味のこと

2009年05月30日

青心





今日は久々にこれでも聞こうかな。


聞くと無条件で飛び跳ねたくなるこれ。


羞恥心ではありませぬ。

  
タグ :青心羞恥心


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:23Comments(0)趣味のこと

2009年05月04日

音楽寅さんで衝撃



最近復活したミュージックタイガーこと
「音楽寅さん」で


桑田佳祐がビートルズの名盤「アビィロード」を


ソラミミでカバーしていました。


これはかなり凄い。


個人的には「because」を「民主党」と
歌詞を変えたのが最高でした。


これは本人が考えた歌詞なのだろうか?


だとしたらやるなー。


愉快なおっちゃんです。


桑田佳祐さんにはまだまだ長生きして
我々を楽しませてもらいたいものです。





  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 23:47Comments(2)趣味のこと

2009年02月22日

来てしまった


午後、思い立って向かいました。


心の洗濯。


どこでしょう。




  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 16:27Comments(4)趣味のこと

2009年02月01日

ジョン・レノン・ミュージアムに行きたい

ジョン・レノン・ミュージアムに行きたい。


7年前の年末に初めて行ったときは、
もうトランス状態で5~6時間居た。
時間が許せばもう5~6時間居たかった。


ミュージアムは埼玉スーパーアリーナ内。
でもその日はちょうど翌日の大晦日に格闘技
(確かPRIDE)が控えており、マスコミやチケット
購入で並ぶファンなどでごった返し。


誰もがそちらへ足を運んでいる中、
自分だけ(ではないのだけどそんな感覚)ジョン三昧。
グッズも5万円分くらい購入した。


以降、仕事が忙しかったり仕事が忙しかったり
その他の事情で中々行けていないけど、そろそろ
行ってチャージしなければ。





こちらはジョンとヨーコの愛息子、
ショーン・タロウ・オノ・レノンの最新映像。


最近、一回り年下の彼女と熱愛中とか。
やっぱり親父に似ているけど、ギラギラ感は
感じないよね。
彼、同い年なんだけど一度会ってみたいな。


ジョン・レノン・ミュージアムに行きたいな~
  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 19:01Comments(2)趣味のこと

2009年01月24日

リメンバーにて



一足早めに彼らのライブを堪能しております。


リクエストしました。



  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 00:36Comments(4)趣味のこと

2008年12月27日

帰って来た


愛車であり相棒である
ホンダダックスが戻って来ました(;_;)


1/10サイズでも十分に魅力的だぜ。
  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:19Comments(2)趣味のこと

2008年12月19日

長渕剛


をかれこれ20年以上聞いています。


その前はオフコースとか聞いている嫌~なガキだったのですが


初めて長渕の曲を聞いたときに、


ストレートさと繊細さが交錯する詩やメロディにすっかりはまってしまいました。


吉田拓郎も好きなのですが、


それは長渕が吉田拓郎を崇拝していると知り、


だったら良い歌歌うんだろうと思って聞いたのがきっかけで、


その吉田拓郎が多大な影響を受けたミュージシャンということで


ビートルズを聞くようになったわけで。


なので私の音楽の出発点は長渕剛なのです。


おこづかい貯めて初めて買ったアルバムも長渕でした。


学際とかでも弾き語りしたなー(恥)


一時期嫌になり離れた時期も数年あったのですが


反抗期みたいなものなのでしょうか。


一定期間を過ぎたらまた聞くようになり、


特にここ最近はもっぱら。ヘビーローテーションです。


気づいたら、最も好きで最も聞いていた頃の長渕の年齢になっていたのも


何か理由があるのかもしれません。





やっぱり最近のよりも昔の曲の方がいい。


この「愛しているのに」という曲などは


昔はそんなに「いい」とは思わずに何気なく聞いていたのですが


今は沁みる沁みる。


今となって再発見が結構あります。


大人になったんだか純粋さが無くなったんだかー





1983年発表。


※こちらの映像は1990年代初頭あたりかと。






いい歌だ。  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:04Comments(9)趣味のこと

2008年12月18日

古き良き時代


今日も忘年会。


野球好きの男子三名で、
プロ野球カードや野球本など持ち寄って
フルタイム野球トーク。


最高に楽しんでます。
  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 20:39Comments(0)趣味のこと

2008年12月07日

ホンダ ダックス@休憩



引き続きプレゼンの準備。
A君と共にシコシコ書類を作成しています。


17時にプロダクションさんと打合せを予定していたのですが、
18時30分にしてくれないかと言う電話が今来ました^^;


例によって頭がぐちゃぐちゃになっていたので
丁度いいやとコーヒーを飲みながら休憩をしていたら、
無意識に表題のタイトルで検索をしていました。


・・・すると、


Google、Yahoo!共に1ページ目に
私のブログが表示されています。


ちなみにYahoo!で「宮城ラーメン」と検索すると
当サイトの企画『仙台・宮城のラーメンブログ』が3位表示、


「宮城情報ガイド」と検索すると、
だてBLOG自体がGoogleで1位、Yahoo!で2位に
表示されます。


まあ、だからどうってことはないのですが
このサイトのSEO対策はしっかりしているなと
改めて感じます。Clogのシステムは素晴らしい。





んでホンダダックスですが、


You Tubeで動くダックスを見つけ(てしまい)ました。
これ ↓→ 【動くホンダ ダックス】




私が乗っていたのもこれと同じ型。
ボディはワインレッドでした。


映像を見ても分かると思いますが、
セルなんてものはついておらず
エンジン起動はキック一発です。
このエンジン音が4サイクルでたまらんのです。


本当に何年乗っても飽きない
面白く楽しいバイクなのです。


何だか本当に未練がましいな・・・


仕事しよ。










  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 16:55Comments(3)趣味のこと

2008年09月27日

ジョン・レノン

家に着いたら去年のスーパーライブを
テレビでやっていた。


動いているクラウス・フォアマンを初めて見た。


オノ・ヨーコも元気そうだった。


いいなあやっぱり。
何か色々思い出したり考えたりする。


今日はジョンの子守歌で寝るとしよう。




  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 01:13Comments(2)趣味のこと

2008年05月11日

「プレイボーイのうた」

入社2年目位を過ぎたある日、
仕事を終え深夜に何となくラジオを聞いていたら
ボソボソと男性が覇気のないトークをしていました。


どうってことのない内容の話を聞き流し、
ボチボチ寝るかなーという時に


「僕、しゃべるのがどうも苦手なんで、唄を聴いて下さい。」


と言って流れてきた曲がこの「プレイボーイのうた」


【どうせ生まれてきたからには多くの子の人生の登場人物になりたい・・・それがプレイボーイの願い・・・】


この覇気のない男性が過去に接してきた女性達とのエピソードを
思い出すようにしぼりだすように綴った歌でした。
はっきり言って超恥ずかしい歌です。


でもこれが男の誰もが心のどこかに持っているであろう想いを
唄いあげた内容の歌詞で、なーんともくすぐったい部分を摑まれた
ような感じがして胸に響きました。


恐らく女性には受け入れられないと思いますが
一言で言うなら「淡く甘ずっぱい歌」とでもいうのでしょうか。
自分にとって今でもフェイバリットな1曲です。


たんたんと唄い出しから徐々にボルテージがあがってくるのも爽快。
もちろんCDも買いました(CWのウィーク・エンダーという曲もまたいい!)。


先日たまたまユーチューブで発見したので
良かったら聞いてみてください。





「プレイボーイのうた」 田辺マモル
  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:44Comments(4)趣味のこと

2007年07月27日

猫村さん

だて男マニアの方はわかるでしょう、私の猫村好きを。。。


先ほどスタッフがそっと渡してくれました。


大いに癒されようぞ(`o´)  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 21:36Comments(2)趣味のこと

2007年02月25日

ポール・マッカートニー死亡説の裏側

ビートルズを聞くようになってかれこれ20年以上。


先日寝る前にふと思い立ち、名盤「アビイ・ロード」をかけました。


う~ん落ち着く。。。


おそらく一生飽きないだろうな。この人達の音楽は。


ところでこのアルバムにはこんなエピソードがあるのをご存知ですか?
高校時代に本を読んでこれを知ったときは思わずうなりました。



『ABBEY ROAD(アビイ・ロード)』。
名前は知らなくても横断歩道を並んで歩いているジャケットといえば
誰でも一度は見たことがあると思います。


実はこのアルバム発売後の1969年に、
「ポール・マッカートニーは事故で既に死んでおり、現在のポールは替え玉だ」
という噂がアメリカの大学から流れ、一時世界中で大騒ぎとなりました。



理由/アルバム『アビイ・ロード』編

(1) ジャケット写真の路上に駐車しているフォルクスワーゲンのナンバーが【IF28】となっており、
    これはポールが「もし」生きていたら28歳だったという意味を示す
(2) ポールは左利きなのにジャケットでは右手でタバコをくわえている
(3) 4人が歩いている順番には意味があり、1番目のジョンは牧師、4番目のジョージは墓堀り
    職人、3番目に歩いているポールは死人を示す。その証拠にポールは目をつむっている
    (2番目のリンゴは・・・忘れました)
(4) 裸足で歩くのは死者を意味する
(5)  ビートルズのメンバーは4人なのに、収録曲「カム・トゥゲザー」で
   “one and one and one is three”(1足す1足す1は3なんだ)という歌詞がある


理由/アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド』編

(1) 裏ジャケットの写真でポールだけが背中を向けている。
(2) 収録曲「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」で、信号が赤に変わったのを気づかずに自動車事故で
    死ぬ男はポールのことである。


理由/ その他

(1) 「アイム・ソー・タイアード」の最後に流れる奇妙な声を逆回転にすると、
    『ポールは死んだ。さびしい、さびしい、さびしい』という声に聞こえる。
(2) 「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のラストで、ジョンが
    “I buried Paul”(俺がポールを埋葬した)と言っている
(3) 「アイ・アム・ザ・ウォルラス」のコーラス「ガット・ワン、ガット・ワン~」を逆回転にすると
    『ハ、ハ、ハ ポールが死んだ』と聞こえる。


他にも「イエスタディ」と「ヘイ・ジュード」の声紋分析をしたら、両者の声は別人だった・・・
等等、手がかりは細かいものもあわせると100(!)近くにも及んでいます。
(いろいろな要素や偶然を無理やりとこじつけてしまっている観もありますが)


ポールは、初めはこの噂を気にしていませんでしたが、あまりにも事が大きくなってしまったため
『ライフ』誌にて「ポール・イズ・ライフ」という表紙を飾って取材に応じ、一件落着しました。


結果この騒動の発端となった「アビイ・ロード」の売上が飛躍的に伸びたのはいうまでもなく、
関連の曲が入ったアルバムも再び売れ始めました。


これら死亡を裏づける根拠があまりにも出来すぎている為、
この仕掛け人はビートルズ自身だという説が有力となっています。


真相ははっきりされていませんが
これだけあれば意図的な部分があったのでしょうね。


とにかく当時の方々はそれはもう夢中で根拠を探し回ったそうです。
私はこの時代をリアルタイムに生きてはいませんが、
この話を知った時は、やはり夢中で関連書籍などをむさぼり読みました。
(当時はインターネットがなかったので)


音楽業界では常識中の常識であるプロモーションビデオや歌詞カードなども
実はビートルズが始めており、当時としてはかなり画期的な取組みだったようです。


何十年経ってもも全く色あせない楽曲を生み出した彼らの才能は勿論ですが、
ファンの購買意欲や心理を誘う先見的なプロモーション術も実に見事だったのがよくうかがえます。
(生きていることを告げるときでさえ『ライフ』誌で「ポール・イズ・ライフ」ですよ!)


ちなみにポールは今年で65歳。バリバリの現役です。



↑3年前の忘年旅行(作並)でスタッフを無理やり歩かせて撮った渾身の1枚/撮影:だて男  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 10:07Comments(25)趣味のこと

2007年02月11日

だてな洗車

りゅうぱぱさん程ではありませんが


私も車が好きです。


なのにここ最近全く手入れができずいました。


ということで今日は数ヵ月振りに洗車。


やるからには徹底的にという性格なので、息子と半日かけてやっています。


今迄ほっといてごめんよー(T_T)  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 14:00Comments(5)趣味のこと

2006年12月08日

今日は何の日


12月8日は1980年に亡くなったジョン・レノンの26回目の命日です。


これについて語ると長いので割愛しますが(一晩話せます)


四半世紀が過ぎてもその存在は色あせることがないですね。


今の音楽シーンにおいてもその影響力は計り知れないものがあります。


ちなみに「プロモーションビデオ」や「歌詞カード」というものはビートルズが始めたのが最初で、ビデオは「ペニーレイン」という曲、歌詞カードは アルバム「THE BEATLES(通称ホワイトアルバム)」が世界初です。今では当たり前過ぎるくらい当たり前なことですが、それまではそんな概念すら無かったので、当時の消費者はそりゃあびっくりしたみたいです。楽曲はもちろんですが、こんな風にプロモーション的な部分でも様々な工夫が施され、あらゆるパイオニアに・・・・


・・・はっ!( ̄□ ̄;)!!






全然割愛しとらんやんか!





何はともあれface13



今日は世界平和とその冥福を祈りながら、亡人の音楽を聴きたいと思います。。。





  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 18:59Comments(4)趣味のこと

2006年11月17日

ホンダダックス②

以前も紹介した相棒です。



寒さも一段と厳しくなり


いよいよエンジンのかかりも悪くなってきました。


この時期の彼ときたらそりゃあもう信じられないくらい低血圧です。


エンジンが暖まるとスピードに乗るのですが、


それまでが超スローです(自転車に負けるかも)。


なだめおだてて乗っています。


日曜日でも手入れをしてあげようかな。


あ、でもそのまえに車のタイヤ交換か。




  

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 12:15Comments(0)趣味のこと

2006年08月10日

ホンダダックス①

生まれは1969年。

今から37年前に発表されるや

その愛嬌のある特徴的なスタイリング

ゆったりとしたライディングポジション

4サイクル/単気筒

という単純明快とは思えないエンジン音などが

人気を博しファンも多かった50ccバイクです。
(ジョン・レノンも自宅の庭で息子と乗っている写真がある)

その後1981年を最後に販売中止。

これが欲しくて欲しくて。

  続きを読む

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:47Comments(2)趣味のこと